北海道から日本の近代が見える

北海道から日本の近代が見える

販売価格: 2,037円(税込)

在庫数 50点
数量:
目次

第1章 開拓使の時代
箱館裁判所と箱館府 越前大野藩 清水谷公考 開拓使の設置 肥前鍋島藩 蝦夷地分領と「北海道」 島義勇とサッポロ 蝦夷地の先住民

第2章 王政復古の時代
熱狂と反撥 有司専制の国 ガルトネル農場 カラフト島をめぐる綱引き 黒田清隆 カラフト放棄案 蝦夷島の開拓と領土問題 農民移住政策

第3章 士族移民の時代
会津藩士の長い旅 仙台藩士の士魂移住 勤王稲田主従の静内移住 士族集団の移住一覧北地跋渉とはなにか

第4章 中央集権の時代
明治政府の不安 中央集権化 廃藩置県 地租改正

第5章 開拓使十年計画の時代
アメリカ式開拓 開拓使十年計画 福山、江差騒動 漁民達の反撥 武力収拾

第6章 国家形成の時代
家禄削減 国民国家への道 金納租税 秩禄処分 榎本武揚の出仕 北の辺境

第7章 帝国主義日本の時代
カラフトアイヌの北海道移住 カラフト・千島交換条約

第8章 屯田兵の時代
屯田兵政策 農業労働力の投入 一挙両全の策 士族屯田兵 屯田兵屋 軍事訓練 屯田兵の農業 札幌周辺への兵村配置 開拓使官有物払下事件 三県一局制

第9章 札幌農学校の時代
開拓使仮学校 北海道土人教育所 開拓使女学校 札幌農学校の開校 「農黌園」と小作農園 大農理論から中小農理論へ ケプロンのアイヌ政策

第10章 カラフト・千島交換条約の時代
流浪するカラフトアイヌ 炭鉱使役構想 千島アイヌの強制移住 対雁村その後

第11章 根釧屯田兵村設置の時代
和田屯田兵村 太田屯田兵村

第12章 自由民権運動の時代
不平士族たちの反乱 大久保利通暗殺 民権家たちの政府攻撃

第13章 北海道内陸道路開鑿の時代
函館、札幌間道路の改修 小樽、札幌間道路の改修 上川地方への関心

第14章 炭山開発の時代
茅沼炭山の発見 幌内炭山の発見 幌内炭鉱の開発 札幌、幌内間の道路、鉄道敷設 小樽・札幌間鉄道の開通 幌内、手宮間鉄道の全通
 
第15章 囚人労役の時代
集治監という思想 北海道集治監の建設計画 集治監の設置 森林伐採と農地開墾 空知集治監の建設と幌内炭鉱 金子堅太郎の囚人使役論 釧路集治監の設置 民権家たちの投獄

第16章 北海道庁の時代
初代長官岩村通俊 アトサヌプリ硫黄山 上川仮道路の開鑿 北海道中央道路の開鑿 峰延道路の開鑿 幌内炭鉱と鉄道の民間払下 北見道路の開鑿と網走分監の設置 有馬四郎助の工事督励策 囚人労役の中止

第17章 大日本帝国の時代
明治憲法体制の形成 「征韓論」の源 朝鮮三策 日清修好条規のねらい 江華島事件 甲申事変の失敗 日清対立の深化

第18章 教育勅語の時代
明治初期、国民教育の方向 「学制」発布 北海道の事情 国家主義教育への転換 「学校令」 私立学校と女子教育機関 三重の社会構造へ 教育勅語の発布

第19章 アイヌ民族受難の時代
土地の収奪 救済と放棄 異化と同化 華族農場の出現 資本の本源的蓄積 皇室御料地の設置
 
第20章 膨張と抑圧の時代
外征軍の編成 日本商人の朝鮮侵出 北海道の鉄道建設 タコ部屋の発生 朝鮮王国への干渉
 
第21章 帝国憲法と議会開設の時代
国会開設までの民権派の動向 明治憲法の性質 衆議院議員選挙と第一議会 北海道の選挙と兵制 ロシア帝国のシベリア鉄道敷設計画

第22章 軍備拡張の時代
山縣有朋の軍備拡張政策 清国の海軍力 日本海軍の軍備拡張計画 日本陸軍の軍備拡張計画 第一議会、政府と民党の攻防 第二議会、解散と大干渉選挙 第三議会、第二次伊藤内閣 第四議会、対外硬派の形成 第五議会、第三回選挙 第六議会、解散、日清戦争へ 日清戦争前夜
 
第23章 日清戦争の時代
高陞号撃沈事件 成歓の会戦 日本軍の戦略 朝鮮国の「親日政権」 平壌城の会戦 第四回選挙と広島大本営 黄海会戦 鴨緑江渡河作戦 東学農民軍の再蜂起と敗北 旅順港攻防戦と市民虐殺事件 威海衛攻撃 山縣司令官の解任と遼河平原の戦闘 澎湖島占領作戦
 
第24章 日清戦争後の時代
下関講和会議 三国干渉 台湾征服戦争 台湾島の領有と日清戦争の終結

第25章 朝鮮王国への非道の時代
朝鮮王妃虐殺 事件の背景

第26章 「旧土人保護法」の時代
上川盆地アイヌの近文集住 第七師団の旭川設置 アイヌ給与地詐取計画事件 弁護士の背信 「旧土人保護法」の登場 旧土人保護法施行の背景 明治中期からの日本人の移入 大日本帝国という幻想



「旅のノートから」
1本願寺道路
2石狩川水系のアイヌたち
3清帝国、近代化と停滞
4アイヌ人骨盗掘事件
5朝鮮王国の混乱
6シベリアのロシア化
7新しい身分制度
8アイヌモシリの崩壊
9「琉球処分」の意味
10札幌農学校とはなんだったのか
11朝鮮王国の事情
12金成太郎の足跡
13シベリア鉄道の敷設
14朝鮮王国、東学農民戦争
15日清戦争の日本人












北海道から日本の近代が見える

販売価格: 2,037円(税込)

在庫数 50点
数量: